×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


なかよく揃ってお食事風景。
この光景が見れただけで、シムやった甲斐があるってものです(ノД`)



カダージュ 「えへへ〜!おかわり〜!」
セフィロス 「またおかわりか。まったく、よく食べる奴だ。」
カダージュ 「だって、母さんの作った料理ってすっごく美味しいんだもん。
僕、いくらでも食べれるよ!」
エアリス 「もう。そんなに褒めたって、何も出ないから ね?」
セフィロス 「ほ〜。それでは、冷蔵庫に入っているフルーツケーキは
オレがいただこうか。何も出ないのだろう?」
カダージュ 「あ〜〜〜!セフィロスずるい!!」
エアリス 「もー、セフィロス、大人気ない よ。
大丈夫、ちゃんとみんなの分作ってあるから、ね?」
セフィロス 「ははは。」

エアリス 「・・・な〜んか、セフィロス、変。」
セフィロス 「変?どこかおかしいか。」
エアリス 「変っていうか・・・雰囲気。怖くないの。ちっとも。」
セフィロス 「怖い・・・?確かに、ウータイ兵には化け物のように恐れられていたし、
味方内では英雄なぞと呼ばれていたが・・・。
それに、この容姿と身長は変えようがない。すまんが慣れろ。」
エアリス 「そういうことじゃない、けど・・・。・・・あれ、なんか、変なの。」
セフィロス 「??」
カダージュ 「ね、母さん!ケーキちょうだ〜い!(o^◇^o)」





セフィロス 「おい、お前はオレのことが怖いと思うか?」
ロッズ 「え?Σ(・Д・ )」
カダージュ 「またその話〜〜?」

ロッズ 「なんで?あんたすげぇとは思うけど、別に怖くなんてねぇよ!」
セフィロス 「そ、そうか。」

カダージュ 「ねぇ、お風呂まだあかないのぅ?」
ロッズ 「なんだよ、だったら一緒に入ればいいだろ〜」
カダージュ 「いやだよ、狭い!セフィロスもロッズもでっかいんだから!」


カダージュ 「あ、そーだ!(・∀・)」




カダージュ 「わーーーーーーーーーい!!!


カダージュ 「えへ〜!プールもお風呂も同じ水だし、いいよね〜!」
ヤズー 「楽しそうだなぁ、オイ。」
カダージュ 「あ、ヤズー。今までどこにいたの?」
ヤズー 「あー・・・寝てた。」


<相変わらず団体行動の出来ない子です。




ばしゃーーーーーーーーー!!!


カダージュ 「あははは!すごい!飛び込んだ!!」
ヤズー 「なんだ、結構つめてぇなぁ。」
カダージュ 「えいえいえい。」
ヤズー 「オイ、水かけんなよ。」

セフィロス 「ふふ、お前達を見ているとオレまで子供に戻った気分になるな。」
カダージュ 「あ、セフィロス。」
ヤズー 「なんだよ。あんただって十分子供だろ?」
セフィロス 「言ったな?今そっちに行くから待ってろ。」




ばしゃーーーーーーーーー!!!


ヤズー 「うわ。本当に来たよこの人。大人げねぇなぁ。」
セフィロス 「その台詞を聞くのは二回目だ。
こら、逃げるな。おしおきの時間だぞ。」
カダージュ 「わーい!!ねぇ、みんなで競争しようよーー!」


* * *

エアリス 「こら〜〜!!も〜〜!!こんな時間にプールで遊んでるんじゃありませ〜〜ん!!
(と、たまにはおかあさんらしいこと言ってみますv)
セフィロスまで一緒になって〜〜〜!!」

カダージュ 「あっ!母さん!!聞いて聞いて!
僕ね!セフィロスにもぐりっこで勝ったんだよ〜〜!すっごいでしょ〜v」
エアリス 「もーう。とにかく、もう一回お風呂入ってきて、ね。」
カダージュ 「え〜?なんで〜?」
エアリス 「なんでも!」



カダージュ 「なんでだろ〜?プールでお水入ったのに!」

ロッズ 「みんな、俺に内緒で一緒に遊んでただろ!!!ずりぃ!!」
ヤズー 「泣くなよロッズwww」
ロッズ 「泣いてねぇよ!!!」

セフィロス 「まあ、明日遊べば良いじゃないか。時間はたっぷりあるんだ。」
ロッズ 「グスッ・・・・・・そ、そうだな。
おいカダージュ!明日は絶対、俺も一緒に遊ぶからな!!」
ヤズー 「やめとこーぜぇ?こいつ、どーせすぐ負けてピーピー泣き出すんだww」
ロッズ 「泣かねぇよ!!!」


セフィロス 「(平和、だな・・・・・・。)」








戸惑いの英雄、持ち直す。











↓後日談:おまけの英雄さん↓






なんだか



プール
をすごい気に入ってしまったらしく



四六時中飛び込んでばかりいるヽ(´∇`)ノ
寝起きにプール。食後にプール。入浴後にプール。寝る前にプール。







で、水着のまま室内をうろうろするんですこのお方Σ(・Д・ )
服着て下さい英雄さん。。





ロッズ 「お、おいあんた何で水着着てんだよ!?
まさか、みんな、また俺に内緒で遊んでたのか!??(/д;)」






セフィロス 「今日はオレひとりでプールに入っていた。あいつらは関係ないぞ。」
ロッズ 「そ、そーか。ならいいんだ。」







突っ込むところはそこじゃない。