×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  最初に、左腕がなくなりました。






私はいつも、そこに立ち尽くしていました。
何をすればいいのか 解ったふりをして、迷わないふりをして、
理由を他の誰かに委ねていました。
 
 そして、足がなくなりました。



自分の放ったことだまを、ずっとずっと聴いていました。
ことだまを聴くことで、周りの音が私に届かなくなりました。
自分はひとりきりなのだと、思い込むようになりました。

 そして、耳がなくなりました。



いつわりで身体を覆うのに、いつか疲れてきました。
全ての人間が、自分の正義を振りかざして生きているのだと知った時から、
持ち上げられ、突き落とし、空に浮き、地に這い蹲るのに、意味を感じなくなりました。

 そして、口がなくなりました。






最後にのこった瞳で、私は ずっと自分自身を見つめていました。

















──天下三分 ──








それは私のことだまでした。
 私の唱えた言葉の中で、最も大きく、最も小さいものでした。
 私の唱えた言葉の中で、最も美しく、最も愚かなものでした。


私の唱えたことだまは、私の身体を離れ 一人で遥かまで成長しました。
私がのぞんだ天地とは、何もかもが変わっていました。

















私は、一歩進むたびに疲れて立ち止まっていました。
この広い大地と空に、私の一歩はあまりにも小さすぎました。


いくら進んでも、いくら進んだつもりでも、天の終わりは姿を見せてはくれませんでした。















──遠き蒼天 極みはいずこ──

私は 見えない天を見るために、瞼を閉じました。
いつものように、闇が訪れました。
ちらちらと、瞼の中で光が輝き、まるで夜の空のように見えました。

蒼天の果ては見えなかったけれど、
暗天の果ては、私自身の中にありました。










誰かに伝えようと、私は声を出そうとしました。

しかし、私はずっと昔に口をなくしていたことに、気付きました。







声のかわりに、私は 最後残った瞳から、一粒 涙を流していました。
















 そして、瞳がなくなりました。