×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


欠片


雪の中旅人がふと気づく
自らが外套に儲けた隙間に
寒さに身を置いているのならば
隙間などない方が暖が取れるというのに






何故と自らに問うても答えは出ず
旅人には聞く相手はいない

聞こうと思う相手もいない






ああ なんと悲しき旅人よ

それは愛しき者を共に外套に包んだ記憶
寒さに震えそれでもお互いの温もりを分け合った遠い日の思い出








ああ なんと哀れな旅人よ

愛しき者の存在と記憶を失っても
分け合った時間と温もりを体と心の奥底に………







ああ 一人きりの旅人よ

純銀の世界に残るのは己の足跡と
そして………………







彼人の温もり